読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母がヘソを曲げた

年子育児がはじまった。

上の子は、卒乳しないまま下の子がうまれ、いわゆるタンデム授乳というものをしている。


でも、上の子にはなるべく早く卒乳はして欲しいので、うまれてすぐは仕方ないが、だんだん減らしていく方向で考えていた。


母は、そもそもあげる必要はないのでは?などと横ヤリを入れてきていたが、私は、赤ちゃん返りがマイルドになるなどのメリットをとった。


もうあげなくていいじゃないか、みたいなことを言ってくる癖に、事あるごとに、おっぱいもらいな、などと欲しがっていない子供に勧めたりする。


下の子が飲んでいる時は、なるべくあげていることに気付かせないようにタイミングを見計らっているのに、ほら、おっぱい飲んでるよ〜と教えたり…

そんなことをされたら、上の子も欲しくなってしまう。


そして、上の子が飲んでいると、また飲んでるの⁈と声をかけることもある。


飲ませたいのか、飲ませたくないのか…とにかく「おっぱい」というワードを言うのをやめていただきたい。


そして、先ほども母の「おっぱい」ワードをきっかけに、上の子が下の子だけもらっていることに気付いてしまい、下の子はまだ途中だったのに、残りを全部飲んでしまいそうな事態に…

あげないでいると、ギャン泣きタイム突入。


「おっぱい」と言わないで欲しい旨伝えると…

見事にヘソ曲げた。


なんで私のせいなんだみたいなこと言って、部屋から出ていったわ。


いやいや、あなたのせいだったんだわ…


でも私は、そんな言い方はしてないつもりなんだわ…


ただただ、上の子の前で「おっぱい」と言うのを辞めてくれと頼みたかったんだわ…


「気をつけるわ」と言ってくれれば万事OKなんだけど、そこでヘソ曲げるんだもんな。


ほんと疲れるわ、あの人。


血が繋がってるのが嫌になる。

まぢで。