読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児ストレス=旦那ストレス

育児ストレスとはウィキペディアによると、

子供の世話や教育家庭教育)・などを負担と感じていたり、あるいは子供の身体的ないし精神的な成長具合に対する不安ないし焦りなどの葛藤、あるいは公園デビューに絡んで母親グループのコミュニティに馴染めないなどの問題に精神的な苦痛を受けている状態である


らしいが、別にこれらのことにストレスを感じたことはない。

子供を産んだからには、世話や教育は私の負うべき責任だし、成長の不安は育児相談や本を読めば解消される。

ママ友作りは確かに今のところ苦慮してはいるが、そこまでストレスではない。


ではなぜこんなにもイライラするのか。


原因は多くのママがそうであるように(?)旦那である。


きっと、世の中のストレスを感じているママの多くは、育児ストレス=旦那ストレスなのではないか?


私:あーイライラする!

旦那:ん?どうした?育児ストレス?ホルモンのせい?

私:(お前にだよ!)

ということが連日巻き起こっている。


でも旦那に不満をぶつければ、悪循環が始まるので、ここで私は、

うん、そうね。

と答える。


たいてい3分もすれば、旦那は私がイライラしていることなど忘れて、またイライラさせることを何かしでかす。


そして、それが私をイライラさせていることに気付かない…の無限ループ。


そこで私がどうしたか。


自分が冷静な時に、小出しでイライラの原因を修正することにした。


感情的に文句を言うと、旦那は逆ギレしたり、聞く耳を持たないので、遠回しに静かに旦那に打診する。


このブログはイライラのはけ口であり、私の試行錯誤の記録としたい。