読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔のこと3

それらが原因で揉めに揉めた。


親は泣いていた。


なのに、なぜか結婚に至った。


私は自分がヤリ捨てされることが許せなかったのだと思う。


私にモラハラを繰り返した、HやKMを見返したかったのもあるかもしれない。


半ば意地になって、色々と見失っていたのだろう。


私がどれだけ傷付いたか、最後まで旦那は理解できなかったのだと思う。


なぜ俺がこんな目に合わなくちゃならないんだ、という思いの方が強かったことだろう。


そして。旦那の親も自分の息子がどれだけの女をどれだけ傷付けてきたのか、知らず仕舞いなのだろう。


それでも、私は結婚してしまった。


今でも、旦那はこれらの女との縁を切ろうとはしないし、女たちも平気で連絡をよこしてくる。

私の傷付いた心を理解していない立派な証拠だ。


子供が大きくなったら、話してやろうかと思っている。

ショックを受けるかもしれないが、遺伝子的に同じような男に引っかかる可能性も高いから注意して欲しいし、今後また私が傷付くことがあれば助けてほしいから。

ダメな母親で申し訳ないが。