読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝起きの1発

これまでで一番イライラしたこと。

厳密には、イライラを通り越して涙が出たのだが。


里帰り先から自宅へ戻った翌朝のこと。

久々の大移動に、夜中の授乳でくたくたの私とベビー。

寝ていると旦那にユサユサと起こされる。

そして一言。


旦那:ごはんはー?

私:…絶句


あれはもう一生忘れられない。


殺意を覚えた。

そして泣けたわ。


おはようでもなく、

ゆっくり寝れた?でもなく、

「ごはん」


数日後、この日のダメージがあまりに抜けず、マタニティブルーに突入。

そして泣きながら、

私:もっといたわってくれると思ったのに。朝ごはんくらい、2人分用意してよ。こっちは夜中も起きて寝不足なんだから。

とさすがにここは感情的に訴えた。


翌日から、一応朝ごはんを用意することはやってくれたものの、

毎朝

旦那:(私をユサユサしながら)ねー朝ごはんなに作ればいいのー?

私:(寝ぼけながら指示を出す)


起きてみると、大量の朝ごはん。


朝からツナ缶2つも使うなよー。

旦那:だって1つじゃオレ足りない。


イワシ何匹焼いてんだよー。

旦那:だってたくさん食べたいもん。


ウインナー1袋も使うなー。

旦那:だって4本食べたかったから、そしたら残り2本だから全部使っちゃえって思って。


あー!イライラ!

朝からこんなに食ってたら破産するわ!


が最近の毎朝の出来事なのです。